SiestaGraph
プロフィール

x koji  x

Author:x koji x
外出のお供にカメラを
移動は自分の二本の足で


朝日をフレームに収められない夜行性動物


※スパムコメントが多いので認証制にしました。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

up忘れですが…
PCに保存しているデジカメの写真を見ていたら、怪我する前に京都へ言った時の写真が出てきました。そういやずいぶん別館の方も放置していましたので、ヒサビサに使いたいと思います。


ちょうど行ったのはこの日記の内容の日、3月21日。そうそう、朝から昼にかけて奈良の今井町へ行って、急いで帰ってきて京都へ行った日。今更ながら続きを…。



ちょうどこの時期、京都の東山で花灯路という東山の街をライトアップするイベントをしてて、それを友達と見に行きました。確か、暖かかったり、寒かったりで桜が早くなるんだか遅くなるんだか微妙な時期だった様な。

桜・円山公園

会場の円山公園ではちらほらと桜の花が咲き始めてました。

燈籠

燈籠のコンテストなんかもやっており、コレが最優秀賞を受賞したもの(だったかな?記憶が定かじゃございません;汗)



いけばな1

円山公園のいたるところに生け花が展示されておりました。まぁ、さっぱりわからんので「おぉ、キレイやなぁ」とか、そういう感想しか出てこなかったんですが…。

いけばな2


テーマだとか、技法だとかもきっとあるんでしょうけど…、

いけばな3


いかんせん、芸術的な才能が多少欠けておりますので…

いけばな4

たいしたコメントも出来ないのでございます。が…、

いけばな6

キレイじゃないですか?

高台寺庭園2


高台寺の庭園も見物。豊臣秀吉の奥様、おね様のお寺ですね。

高台寺庭園1

芸術的センスに欠ける人間が物申すのもアレですが…

高台寺庭園3

派手な色のライトは要らないと思います…。



八坂の塔1


駐車場の橋から見えるのは八坂の塔。

八坂の塔3


ココも入れるようになってました。

八坂の塔2


このアングルが定番ですが好きですね。



さんざん歩き回った後、友達の弟が働いているお好み焼きやさんで晩ご飯。ココはお好み焼きはもちろん、鉄板焼きとかも美味しいのでたまに通ってるお店ですが、一人だと種類が食べられないのです。友達と来た時は数種類の鉄板焼きが楽しめるのである程度の人数で行くのが良いですね。



結局、地下鉄は終電でしたが京都の街を堪能できました。


その他の写真は…↓
SiestaGraph別館【CAMELABO-カメラボ】
スポンサーサイト
灯り
土曜日は珍しく仕事。現場は京都、そして計ったかのように京都花灯路という、嵐山をライトアップするイベントがあったので仕事終わりに行ってきた。

地下鉄に乗り、嵐電に乗り換え嵐電嵯峨で下車、両側に紙製の燈籠が置かれている道を人の流れのままに着いていくと天竜寺の前に出る。そこから急に人が多くなる。どうやら竹林に向かっている人の流れのようで、そのゆっくりとした流れに乗って竹林へと行く。

竹林
最初は写真のように青と白のライトに照らし出されていた。イベントのHPで見たのとはなんか雰囲気が違う。暫く進んでいくと少し雰囲気が変わり…

竹林2
そう、コレ。周りの人の反応も大体同じような感じで「さっきのよりこっちの方が良いなぁ」と言う声がチラホラ。

途中では生け花が置いてあったり…
花

また、「動く灯篭」という趣で丸い提灯みたいなものを持って歩いてる人が居たり…
提灯?


箱入り
その提灯(?)みたいなのを入れてる箱が良い感じだったので、一枚。


竹林を抜けてしまうと人の数はずっと減って、ゆっくりと見られる様です。と言うことは多くの人が竹林メイン?常寂光寺から落柿舎の辺もキレイなんだけどなぁ。
木

常寂光寺


小一時間はたっぷり歩いて最後は渡月橋
渡月橋



来年3月には東山で同じような催しがあります。
シカオに続いて…
最近、タイトルの後に「…」が付く事が多いです。特に意味はありません…。




10月末のスガシカオのライブに続いて、今週月曜日のライブも開演時間に間に合わず…orz

帰り際にお客からの電話につかまるとはね。こんなところで師走を実感です。


今日は大阪厚生年金会館でのEXTREMEの再結成ライブ。午後7時開演のところ、家に着いたのが午後6時45分…、今日もまた絶望的。ソッコー着替えて駅まで走り、地下鉄に飛び乗り、会場まで走る…ライブは休みの日にゆっくりと見に行こう、今日そう心に決めました。


EXTREMEは何年か前に一度、当時組んでたバンドのメタラーボーカルさんと渋谷公会堂に見にって以来、今日の席はその時に比べればずいぶんと後ろだったけど箱自体がそれほど大きくは無いし、客席の傾斜も良い感じで割と見やすかったかな。


見所はやっぱりNunoさんのギタープレイでして、相変わらず有り得ないフィンガリングとピッキングで音を叩き出してました。腰の少し下のあたりでギターを構えるのに憧れてマネもしてみたけど、結局まともに弾けないので諦めたのは、もう10年も前か…orz

ともかく、元ギター小僧としては満足なライブでございました。



あ、新譜買ってなかったのは内緒ね…



*****************************



さて、少し時間が戻って、日曜日。8時40分に京阪電車の天満橋にココのところお馴染みになった(であろう)M氏夫妻と待ち合わせ。行き先?もちろん京都。前の日に続いて、つか3連荘(最初の日は仕事だったけど)。

こちらの奥さんはどーやらお酒がお好きらしいと言うことを小耳に挟み、ならばちょうど京都は伏見で酒蔵開きがあるというので行ってみようではないか、と夫妻を誘って行くことに。天気は前日と同じく快晴、少し寒いけど飲めば暖かくなるさ、と言うことで出発。11時前には会場に着いてたものの、そこには既にスゴイ行列が。実は11時から配られる「特性粕汁」の整理券を狙ってたんだけれども、この時点で11時からの部は既に終了…。仕方ないので本来の目的である新酒の試飲へ。


蔵出し
蔵出しの新酒。とてもフルーティーで口当たりがよく、とても飲みやすい…、コレは美味い。


濁り
次は外に出たところで濁り酒を。飲み口は甘く、それでいてスッキリ。きっと調子に乗って飲むとヤバイ…、そんな感じ。


大吟醸
次は大吟醸。飲み口は水みたい(笑)。いや、ホントに軽くてスイスイいっちゃいそう。3人で「コレはヤバイよなぁ」と笑ってました。


梅酒
あ、これは梅酒。コレも美味しかった。



純米?
ん…、純米酒か?忘れた(笑)。


たれ口
神聖の「たれ口」という銘柄のお酒。コレはお昼に調子に乗って飲んでしまったモノで、でっかいお猪口で出てきてビビリました。


その日のランチはその神聖という酒蔵が経営する鳥せいの…


梅おろしかつ
梅おろし鳥かつ定食。


ヨーグルトアイス
そしてデザート。


ここはお酒も充実しているので一度晩御飯を食べに来たい場所です。鳥料理全般美味しそうなお店です。

12時半の時点で既に飲みすぎの状態(一人だけね)でそのまま市内へ観光へ。三条で地下鉄に乗り換え蹴上に着いたころには何とか復活(笑)。紅葉はもうダメだろうと諦め気味に南禅寺へ。

やはり葉はほとんど散っているor色褪せていて時既に遅し、の状態でしたが…


南禅寺1

南禅寺2

南禅寺3

南禅寺4


なんとかこんな感じのところもありました。


そのままねねの道へ行き、恒例の洛匠へ。


抹茶カステラ
抹茶カステラも美味でございました~。



ん~…、飲み過ぎだわ(苦笑)。
京都DANGAN☆ツアー
続けていきましょう。



豊富にあるネタを引っ張り出してみます。

先月末、東京から関西へ帰省している友達と京都観光へ。金曜日にうちへ前泊してそこから2泊、二日間ガッツリ京都観光。

中身はというと1日目はまだしも、2日目の日程がムチャ。

1日目;大阪出発→三十三間堂→(昼食)→知恩院→八坂神社→清水寺→高台寺(閉まってた…orz)→ねねの道でお茶→友達のカフェ→夕食→帰宅

2日目;大阪出発→嵐山・渡月橋→天龍寺→仁和寺→龍安寺→金閣寺→北野天満宮→(やっと昼食)→宇治平等院鳳凰堂→伏見稲荷神社→再び友達カフェ→帰宅



2日目詰め込みすぎやろ…。

15分とか20分とか言う滞在時間のところもあったしね。話を聞いた人間はたいてい「うわっ、一緒に行きたくないわ~」といわれる始末(笑)。


でもおかげで京都の観光名所の場所はわかったから良かった。






って、それだけかい!!




いや、意外と二日目の方が行ったこと無い場所が多くて見所は多かったです(見る時間は無かったけど;苦笑)。天龍寺・仁和寺の庭は見事だったし、ちょっと朽ちそうな鳳凰堂も歴史を感じるものだったし、伏見稲荷の鳥居のトンネルはまるで異世界への入口のような感じすらしたし…、見所はいっぱい。

天龍寺

仁和寺

平等院

伏見稲荷



ただ、ハードすぎ



京都はやっぱりゆ~っくり回りたいですね。せめて拝観料の元を取れるくらい(笑)。


そーだなぁ…、例えば自転車なんかでゆっくりと街並みを楽しみながらとか…。と、そんな事を考えてたら…。


その他の写真は…↓
SiestaGraph別館【CAMELABO-カメラボ】
祇園祭・宵々山
ちょいと前の過去ネタなら豊富に取り揃えております。まだ少しの間ひっぱれるぞー。(ぇー)


これまた先々週の話(汗)。



京都のお客さんに「せっかく京都に仕事に来てるんやから、祇園祭くらい見とかなあかんやろ」と言われたものの、5時半に仕事終わって、6時に家を出て7時過ぎに京都に着いて…、なんてダルくてムリ。



そんな感じでどーしよーか迷ってると、ちょうど15日の昼から滋賀での仕事が入ったのでそのまま京都の得意先へ寄り祇園祭の宵々山を案内してもらえることになりました。滋賀での仕事をちゃんと終わらせ、夕方に京都の得意先へ…



右手にはカメラを持って…(ぇー)


近くの王将で食事を済ませ…てると、この時期京都特有の夕立が降り出し、気温が下がり(お客さん曰く)すごしやすくなるんだそうな。ちっともそんな気はしませんでしたけどね!


五条通りから北へ路地に入ったところで増える人ごみ、そしてライトアップされた祇園祭の鉾。知らなかったんだけれども、宵々々山、宵々山、宵山は鉾は動かないそうな。ようするにライトアップされた鉾を見たり、鉾に乗ったり、粽(ちまき)を買ったり、出店で物買って食べたり…して楽しむ模様。暑くて人多くてとても楽しめる様な状況じゃございません。少なくとも覚悟が足りなかったなぁー。

それでも、お囃子を演奏したり、鉾や山の飾りを展示してたりと街全体がお祭を演出してる感じが祇園祭なのかも。出店は…3分の1くらいの量でいいでしょー?揚げ物、焼き物の店の前は地獄だよマジで。

船鉾

お囃子

飾り

祇園祭もねぶた祭と一緒で、毎年同じ日にちに行われます。なので曜日の関係でハイライトの山鉾巡行が平日になったりすると見に行くチャンスがなかったりするんだけれども…。とりあえず、来年の(気が早い!)宵山は土日にかかってた気がするし、再来年は(ぉーぃ)山鉾巡行が土曜日なのでその辺は今から楽しみです(笑)。



そのほかの写真はこちら↓

SiestaGraph別館☆CAMELABO【カメラボ】☆




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。