SiestaGraph
プロフィール

x koji  x

Author:x koji x
外出のお供にカメラを
移動は自分の二本の足で


朝日をフレームに収められない夜行性動物


※スパムコメントが多いので認証制にしました。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湖畔の風…
晴れた日というのはやはり気持ち良い。11月と言うのにそれほど寒くもなく、ペダルを漕ぎ出すとすぐに体温が上昇し、寒さを感じなくなる。冷たいかな?と思われた風もちょうど良い感じ。右手に広がるのは日本一の湖、琵琶湖。湖面は陽光を反射して輝いており目を楽しませてくれる。爽快という言葉がピタリと来るほど、気持ち良い。






と、営業車の中で勝手に妄想しちまいました(爆)

そう、昨日は仕事で琵琶湖畔のとある山へ。道中の車窓からの景色はまさに↑の通りで天候も自転車で走るにはちょうど良い感じ。嗚呼、仕事でなければ…。琵琶湖を1周すると約200km…、最長で80kmしか走ったことがない自分にとってはまだまだ先の目標。


その前に、タイヤ交換が出来るようになっておかねばなるまいて…。




現場となる山に登って見た景色がこれまた見事。

湖畔

もし伝わんない場合は、携帯のカメラのせいにしときませう…



かつて、近江の国と言われたこの地域は京に近いということもありたびたびその地名が歴史上に出てきます。比叡山もこの近くだし、明智光秀が治めたのはその近くの坂本、豊臣秀吉が始めて城を構えたのは長浜だし、その近くには柴田勝家と争った賤ヶ岳があり、信長とともに炎に消えた安土城址も琵琶湖の畔。



さて、頑張って200km走れる様にならなくちゃな。
スポンサーサイト
今の季節…
今の季節、夜に自転車で走るのはキツイね。

でも、雨の中フットサルするのはもっとキツイね…。


風邪ひかなかったのは一種の奇跡だわ。



え~、恒例となってます(?)M氏邸でのギター教室、回を重ねることまだ2回目。前回教えたミスチルの進捗具合は…、



え?スガシカオの「Happy Birthday」を教えろ、と??



そ、そだね、好きな曲をやるってとっても大切だもんね…。

この曲、実はとってもコード進行がシンプルだし、使うコードも少ないので割と初心者向きかも。コード譜を見ながらデモ演を見せると俄然ヤル気に。


M氏


GM7→A7→F#m7→Bm7…



ここで立ちはだかるBm7の壁…orz

そっかぁ、やっぱセーハは難しいか…。コツと言っても慣れるしかねーしなぁ。
(※たった今、速報が入りこの壁をクリアしたとか)



まぁ、ものすごい楽しそうに弾いてるし、ギターを買うやらみたいな事も言ってるし。とても良い傾向だ。





つか、影響受けついでに…

TREK

Madoneとか買っちゃって…


ランス

こんなカッコで走り出して…




「もう、ランス(アームストロング)様ったら最高!!」

とか言っちゃってくれたら楽しいのになぁ~(笑)。




ん~、俺もギターが弾きたくなってきたゾ。
効果とモチベーションの間
今日は空気が冷たい。一瞬出て行くのを躊躇したけど、ユニクロの手袋、ネックウォーマー、イヤウォーマーは偉大だし、ペダルを回し始めるとじんわりと汗ばんでくる。


今日は9時半スタートといつもより若干遅め。晩御飯を食べてついまったりしてしまったからだ。



運動は食後にする方がエネルギーが消費されて良い。でも食事をしてしまうと体を動かすモチベーションが著しく低下してしまう…。




悩ましい…。



本日の走行距離;30km
誰だよぉ!?
んったく、誰だよ?土日は天気が悪いです的な予報を出したのは…。


いーじゃねーかっ…!



起きて天気予報を確認したら今日一日なんとか天気が持ちそうな予報。しかし、その時10時半。



計画していた京都行きは諦め、一眼レフのCFカードを買いに日本橋までポタすることに。途中長堀通りを走ったけれど、あそこは自転車で走るにはむかないかな…。

日本橋にたどり着いたものの、今度は自転車を停めておく場所が無い。ちょうどよさそうなフェンスの前にはいつから停まってんだかわかんない自転車が並んでるし、立てかけておく電柱も無い。スタンドを付けておくべきやったかもなぁ。街乗り用なのに停められないというのはかなりイタいっす。

そんなワケでCFは諦め(涙)、堀江の一条アルチメイトファクトリーへ。そこで、近くにトレックの直営店が近くにあると耳にしたので行ってみることに。


500Mほど離れたところにTREK Bicycle Storeが。11月11日にできたばかりでお店はピッカピカ。中は自転車はもちろん、ツールやウェアがずらり。TREKのフレームって見た目ものすごいカッコいいnだよな~。で、カラーリングも自分好みの青系のカラーリングのものもあるし。クロスバイクの時もTREKも候補に入ってたし、ロードの候補にも入ってました。

トレックストア

看板

中にはエントリーモデルから上位モデルまで陳列されており、見てるだけでも楽しかったです。サイクルモードのTREKブースは人がいっぱいだったので見るだけならTREKストアに行けばOK(笑)。スタッフも非常に親切です。

まどん
反射して見にくいですが、ショーウィンドーに飾られてるMadone 6.9 Pro、オーバー・ハンドレッド万円の代物(笑)。


その後、Y'sロードへ冷やかしに行くと…、ボーナスセールで08モデルが軒並み20%オフとか目に毒なモノを見てしまいました。

そこから大阪城公園へ。明るいうちに自転車で行くのは初めてだったけど、やっぱり人が多くて走るのには向かないです。走るなら夜ですね。



家に着いたらよほど疲れてたのかいつの間にか寝てしまってました…zzz


距離的には30kmくらいなんだけどなー。

そうだ、奈良へ行こう
奈良へ行ってきました。もちろん、自転車で…





は無く、友人M氏夫妻とMy carで。


目的は(個人的に)夢にまで見た「正倉院展」。

正倉院展


奈良は東大寺の正倉院に納められているお宝が年に一度見られるという、歴史好きにとっては欠かせないイベント。教科書で見たことある物が間近で見られるということに幸せ感じます。これも大阪に引っ越してきたご利益ですな。


会場は奈良国立博物館、天候は雨模様、そして長蛇の列…。待ち時間1時間という看板を眺め「そういえば東京での大徳川展は70分待ちだったっけ…」と思いながら待ってると、思いのほか早く進む列。結局ものの30分ほどで中に入れた。

もちろん、中も人であふれかえってるけれど、関西のせっかちな気質も手伝ってか、思いのほか人の流れがスムーズ。

正倉院の宝物は聖武天皇の遺品なので…展示されてるものは1200年以上も前のものという事。中には残念なくらい朽ち果ててるものもあるけれど、ほぼ完璧に形を残してるものも多く、こういうのを見てると説明は出来ないんだけれどなんか感動します。

なんだかんだで1時間半?2時間弱??で見終わった後はランチ。近くのcafeに適当に入ったんだけども…

ハンバーグセット


ランチもそこそこ…

プリーン

プリンとコーヒーが絶品でございました


その後、興福寺を拝観。ここも国宝級の仏像がズラリ。あー、これも高校の時の教科書に出てたわ~。五重塔が特別に拝観できるということでここもスゴイ人。


そんなんで、なんだかんだしてると4時過ぎたので奈良を出て、大阪へ。ここまでが第一部でこの先が第二部。


第二部テーマ「30の手習ひ、初めてのアコースティック・ギター」


はい、ここにもギターに目覚めたい人間が一人。この間行ったスガシカオのライブの影響だそうな。とりあえず、持ってるアコギを貸すことになったのだけど、ボーナス時期には彼の口から「なぁ、ギター買いに行くから楽器屋一緒に行こ」ってセリフがでてくるんだろーなー(笑)。今から楽しみです。

先週、別の友人に教えた時と同じく、簡単なコードから。本人はスガシカオの曲が弾きたかったらしいが、あんな「7」やら「+9」やら数字がいっぱいついてるコードなんて初心者には全く向かないので、ひとまず記憶をたどりながらコードを書き出したのはミスチルの「エブリシング(不完全バージョン;笑)」。

没頭

黙々と弾く、M氏。

張替え


弦交換も一通りレクチャー。

暇なので、とりあえず猫の写真撮ってました。


猫2_1


猫2_2

猫2_3



とりあえず、Gは完璧だそうだけど…








Fの壁が高そうです。

今、もし東京に居たら
もし、自転車を始めた今の自分が東京にまだ居たとしたら…。

それはそれは楽しかっただろうな、と。


マウンテンバイクを買って江戸川沿いを何十キロも走って日焼けで真っ赤になった同期のヤツを見て「おまえ正気か?」と言った自分が、今は大阪で同じようなことを、それも毎週している…。なんとも皮肉なもの。ちょうど、東京時代の上司が自転車を始め、都内をあちこち走ってる写メを送ってる来るのみたらなんとなくうらやましく思う。


実際、大森で住んでた1Kのマンションには学生時代に使って物に加え、東京で買い揃えたギターたちが気がつけば5本も陣取り、もはやそこに自転車を置いておくスペースなんて存在しなかったんだけど…。自転車という趣味は今住んでる、この無駄に広い2LDKというスペースに依存してることは疑いない。


東京の都心は、繁華街を除くと休日は人通りも車の通りも少なく、意外と自転車で走りやすいのでは?と思ったりもする。何よりも、足を踏み入れるのが躊躇われる複雑に入り組んでどこに出るかわからない路地も自転車なら、行ってやろう!という気になる(気がする)。都心のビル郡も下町も、なんとなく自転車で走るのが似合いそうだ。カメラをカバンに放り込んでのサイクリングなんてなかなかお洒落な趣味だと自分の外見を度外視してそう思ってしまう。今更ながらそんな感覚になるのホームシックなのかも!?



…あ、生まれは愛媛の田舎でした(笑)。



来阪してまだ半年、大阪(というか関西)を十分に知らない自分は、今は果敢に路地に挑んで最中だった。とりあえず目標は京都往復+京都観光が出来るくらい体力をつける…ってことは100kmくらいは走れないとなー。
昨日の勢いで…
昨日サイクルモードへ行ってあがったテンションそのまんま、今日は自転車に乗ってポタリング。ここのところ新しいグリップとか小物を探しに、大阪市内とかその周辺の主だったスポーツサイクルショップへ出かけていて、今日も数件のサイクルショップをはしご。


颯爽と漕ぎ出してみたものの、やっぱり昨日乗ったロードと同じく軽快に…、とはいかない。悲しいかな走りの軽さが全然違う…orz


市内へと向かい1軒目は関東がメインの大型店。出来たばかりなのか店内もめちゃめちゃキレイ。広~い店内にはズラ~っと完成車が並んでて見事な眺め。古い在庫品には30%オフとか言う魅力的な値札が貼ってあったりして心が揺さぶられたりしたけれど…。他、かなり小物も充実しててお買い得品も結構あったりするので(サドルとか)見ていて楽しいです。お目当てのグリップは…、なんか近いものがあったけれど、メーカー違いということでパス。

次は西梅田のお店。ここは「あの時雨さえ降ってなければ自転車買ってたかも」というお店。どんだけ乗って帰る気満々だったんだ?って話ですが、よくよく考えると後で取りに来ても良かったんだよね。だいたいいつもロードバイクを指をくわえて見てるだけというパターンが多いです。探し物のグリップはここのサイトで紹介されてたんだけど…ロード用品ばかりでグリップとかスペース割かれてない感じ。


この後、来阪して半年という中途半端な街の位置感覚の無さを遺憾なく発揮し、豊中へ。いや~、もっと近いと思ってたんだけれど意外と遠くて凹みました。そのあと、内環を通り吹田へ…、もう自棄気味(笑)。

最後の吹田のお店で、ボトルケージとパンツガード(ズボンの裾を留める)を買って自宅へ。









…ぶっちゃけ、ソレって近くの店で買っても良いんじゃねーか?



取り付けてみるとこんな感じ↓

ボトルケージ

いーんじゃない??


本日の走行距離;64km
サイクルモード2008
行ってまいりました、サイクルモード2008inインテックス大阪


まー、あの近辺ってなんであんなに寂しい雰囲気満載なんだろう??東京のお台場とかとはまったく感じが違うね…。


それはともかく、会場についてびっくりしたのが凄い人の数。試乗パスを発行するブースに長蛇の列が出来ており、中にはマイ・ヘルメットを持参してる(つか、かなり多数)猛者も。こちら、もちろんメットなし(持ってるけど)、ジーンズ(動きにくい)に、スニーカーというイマイチやる気の感じられない格好(笑)。ま、この時点ではメインはカッコイー自転車たちの写真を撮ることがメインで試乗なんかまったくする気が無かったものの…、一応とりあえずパスだけは発行してもらっておきました。


さて、中に入ると



なんか夢の国みたい


あ、楽器フェアの時も同じこと感じましたけどね…。(当時はギター弾いてた;汗)


各社ブースに高級自転車がズラリ。テンション上がりまくります。とりあえず最初に見つけた面白いもの、つーかタイヤ。

081102_0001.jpg


あるんだねー、こんなのが。自転車初心者にはひじょーに物珍しく感じます(笑)。


本日の目的はロードバイクをいろいろ見ること、そして撮ること。ここ時点では。いやー、ぶっちゃけビビリなんで、クロスバイク歴1ヶ月でロードバイクに試乗するなんざおこがましくて気が引ける、って思ってました。この時点では。


なんか、キレイな形をしてるよね。

デ ローザ


うろうろと各ブースを見て回り、たどり着いたのがJamis、所有してるクロスバイクと同じメーカー。最初はウロウロと見てただけだったけど、タイミングの良い事に他では長蛇をなしてる試乗待ちの列が、ここではほぼ無し。


「すみませ~ん、試乗させてもらって良いですか?

以後、写真無くなります(爆)。(以後掲載の写真は撮りだめしておいたものです)

とりあえず、Jamisの超お安めのロードから。シフトチェンジの仕方も知らない(←ヲイ!)くせに調子に乗ったお馬鹿さんが試乗コースに出ると…、


超楽しーーー!!

ヤヴァい、楽しすぎ。軽いからスイスイ進んでいくのね、ロードバイクって。なんかどこまででも行けそうな感覚(錯覚??)になります。ただ、ヘアピン曲がるのに四苦八苦したけど…、こんなもんですか?


続いて、ひとつ上位の車種を。これまた軽くてスイスイ進む。シフトのシステムが違くてチェンジもしやすい。ただ、やり方は依然、わからないまま…。材が違うからショックの吸収も良くて乗りやすい。この辺まではなんとか手が届きそうな価格帯のものだったけども、あとは手当たりしだい、無節操に乗れそうなところをチャレンジ。初心者ならではの強みです(笑)。

そんな中で、Jamisとともに馴染みが良かったのがラレー。

ラレー

写真のとは違う車種だけど、サイズもあってたためかなんかシックリきました。

で、最後に乗ったのはビアンキ。

ビアンキ

全然、サイズが合ってなくて違和感があったけど、キモティーかったです、はい。ま、自分じゃ帰る値段じゃないんだけどね…。

もし(?)ロードを買うならば、

壱、サイズは超重要
弐、素材の違いってかなり乗り心地に表れる
参、コンポグレードの違いってスゴ!

こんな所が注意だな。


つか、これくらいしかわかんなかったです。


12時から16時半までガッツリ楽しめました。それにしても、



試乗って結構疲れんのね…。

帰りの地下鉄では爆睡ですよー。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。