SiestaGraph
プロフィール

x koji  x

Author:x koji x
外出のお供にカメラを
移動は自分の二本の足で


朝日をフレームに収められない夜行性動物


※スパムコメントが多いので認証制にしました。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Level1
デジカメのSDカードを再びPCが読み込まなくなったりしたので先日奈良の橿原・明日香まで走ったことを書く気がなくなりました…orz


え~~~っ!また再セットアップ?有り得んわぁっ!





自転車乗りとしては、自分の自転車の空気圧をきちんと管理することは至極当然のことでちゃんと出来てるとおもってました。

空気入れにもゲージがついてるし、ゲージの針が大きくグワンと振れて良い感じのところを指してたのですっかり空気が入ってるもんだと思ってました…、




が…。





ふと思い立ってデジタルのエア・ゲージを買って計ってみると規定の半分くらいしか入ってないんでやんの(笑)。



玉拾いからやり直して来い!って感じですよ、マジで…orz





ま~確かにイマイチ手ごたえにかける感じはしてたのは事実だけどもまさかコレほどまでちゃんと空気が入ってなかったとはね。色々試してみると、今までは大きく針が振れていたのが小さく針が動くようになった。なんか今までとは違うけど、なんとなく確実にチューブに空気を押し込んでいってる気がする…。



再度、ゲージで計ってみると…、

エアゲージ

ほぼ上限いっぱいまで空気が入った。




おそらくドラクエだとスライムを倒したくらいの経験値は獲得できたかと…(苦笑)。
スポンサーサイト
確かに見たことあるなぁ
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090111-OYT1T00111.htm

うん、確かに街中で見たことある。

電アシ
こんなヤツね。



最初、電動アシスト付きもコンパクトでなのが出たんだなぁ~、と思ってソヤツは見てたら「ヴィィィィィ~ン」という音ともに全くペダルを漕がずに進んでく…。


「え?電動スクーター!?それ反則じゃね!?」



とか思ってたんだが…、違法ですか。

ちなみに楽天だかで29800円で「公道は走らないでください」という注意書きと共に売ってます。自力で漕ぐのみ、アシスト付き、勝手に進む、の3モード選べるらしいだけど、普通は楽したいよね(笑)。


実売3万円弱でバッテリ、モーター込み。フレームにかけてるコストを考えると、ルパンのアニメでよく車がバラバラになりながら惰性で走って最後に止まる画をよく見るけど、あんなのが実写で再現されてしまうかも。


餅は餅屋
自転車は自転車屋…。


正確に言うと「スポーツ自転車はスポーツ自転車屋」かな。


マイバイクはシティサイクルもスポーツバイクも扱うチェーン店で買いました。一応、アフターサービスも3ヶ月でワイヤー系の初期伸び取り、半年と1年での無料点検と盗難保障…、字面で見るとずいぶん親切な感じがします。

で、ハンドル位置をかなり下げてからずっと常にブレーキが片効きの様な状態で気になってたのでココのところ良くお邪魔してるスポーツバイクショップの店長さんに見てもらうと、ハンドル下げたことによるワイヤーの取り回しの問題じゃないか?と言う。で、買ったお店に持っていくとチョイチョイとブレーキのバランスを調整して終わり。ワイヤーの取り回しについて聞いてみても「問題ないと思いますよ」との返答。


えぇ、その帰り道から再び片効きですよ…。


今月でちょうど3ヶ月なので初期伸び取りの点検の時に再度調整してもらうことも考えたのだけど、またバランスだけ見て終わりなら何の解決にもならないので、お金を払ってショップの店長さんに調整をお願いしてみた。



ま~、そしたら10数センチ単位でワイヤーをぶった切ってるわけですよ。最初の状態はかなり長めにワイヤーが余ってるらしく、普通はそのままでは長すぎるので適当な長さにカットしてから組み付けるんだそうな。



「…普通は?」




と言うことは、普通にすら組み上げられてなかったのか?(泪)




ワイヤーと言うワイヤーをすべて調整してもらった帰り道はブレーキの片効きも見事解消し、シフトチェンジもスパスパ決まる。フロントなんかは最近チェーンが外れたりしてたのも見事解消!!う~ん、やっぱ違うんだなぁ…。今後コチラでお願いすることになります。実質、上に書いてあるアフターサービスで意味のあるのは盗難保障だけになったわけです。




さて、そのお店で高級ロードレーサーの試乗車に乗せてもらいました。

まず、持つと笑ってしまうくらい軽い。乗ってみると漕ぎ出し軽い、加速も軽い、変速はスパッ!と決まる。夜だし、お店の前をちょっと走っただけだし、そもそも「剛性が…」とかよくわかんないし、でも…





只々、楽しい!!!




ホント、ドコまででも走って行けそう。サイクルモードの感動再び!(笑)




そのマシンはANCHOR RHM-9。完成車(ペダルレス、カタログ値)で6.7kg…、そりゃ軽いわ。
あぁ…orz
寝過ぎて腰が痛いとか、もうサイアクです…(苦笑)。

あけましておめでとうございます。のっけからこんなネタですみません(笑)。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。