SiestaGraph
プロフィール

x koji  x

Author:x koji x
外出のお供にカメラを
移動は自分の二本の足で


朝日をフレームに収められない夜行性動物


※スパムコメントが多いので認証制にしました。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Velo de Biwaichi
先週の土曜日…、


無事に琵琶一完遂してまいりました!!


ちゃんと朝も起きられました(笑)。

いや~、起きたの朝の3時っすよ。予定(4時)より1時間も早い。この後結構過酷なので頑張って寝ようとしたんだけれど、ナゼか寝付けずに諦めて起床→支度→出発。

出発したのは朝の4時半
夜明け前
当然、まだこんな感じです。

朝早いので渋滞も無く、順調に琵琶湖までたどり着きコンビニで補給食も調達し調べておいた公園の駐車場に車を止め、準備開始。早朝からサックスの練習をしている人が奏でるメロディがBGMでした。


さて、今回の対琵琶一用の新兵器(?)
げろるしゅたいなー

ゲロルシュタイナー一応、水つながりという事でね…。

まぁ、これもプロツールの動画を見てるときに「かっこいいな~、いつか欲しいな~」と思っておったんですが、なんと昨年末でチーム解散!!となってしまい、「いつか」なんていってる暇が無くなったので慌ててネットで探して何とか購入しますた。

瀬田唐橋
唐橋東詰

さて、駐車場から少し南下しスタート地点の瀬田唐橋へと向かいます。今回は初挑戦ですが、一応フルで1周回るつもりにしてたので一番南端の瀬田唐橋をスタート地点に設定。ここから反時計回りで1周します。

スタートは朝の7時頃。天気は良く、気温はまだまだ低めの好条件でスタートを切ります。湖東は湖岸沿いに湖岸道路が走っており、それに沿って走っていくと大体OK。
案内板
分岐点にはこのような案内板が立ってるので参考にしながら走ります。

近江八幡に入ったところで「長命寺町」という交差点に着たらここは案内に逆らって左折(案内は直進)。湖沿いに少しアップダウンのある、うっそうと木々が生い茂った道を進みます。ここまでほぼ左手に湖、右手に田園風景という景色に飽きた人はぜひオススメです。

再び元の道へ戻ってひたすら北上。安土城址、彦根城、長浜城、姉川…、歴史好きにはたまらない名前がこれでもか、と続きますが、今回はひたすら無視して前進。

80kmほど進んだところに道の駅があり、ここではじめての休憩。天気もよくあまり暑くないのでローディさんたちが結構居ります。休憩してスタートしようとすると、道の駅のおじさんにパンクで困ってる人が居るから、と言われ年配のご夫婦の自転車のパンクを調べたり(結局パンクじゃなかったみたい)してるうちに1時間近くタイムロス。慌てて再スタート。

みずうみ~
道の駅の先辺りから湖北と呼ばれる地域になり景色も一段と良くなります。


で、この先のトンネルで落車…orz

良い事したはずなのにまったくツいてません。

さらに先に進んだところに
案内板R8
この様な案内が…。


R8
R8とぶつかる大音(おと)交差点。案内板だとR8を進っぽくなってますが、R8を行くと過酷極まりないという賤ヶ岳トンネルを進む事になり、冗談じゃなく逝ってしまうかもしれないので…

旧道
すぐ奥の旧道を行きます。



基本、平坦な道が続く湖岸の道ですが、唯一の例外が奥琵琶湖パークウェイ。200km+αの「α」がコレです。この時期は今回のルートとは反対向きの一方通行なのでココを通ると少し戻ってしまう事になるのですが…、実はどんな道か知らなかったのと景色もキレイという評判なので行ってみる事に。

奥琵琶湖パークウェイ途中より
確かに景色はキレイなんだけど、ぶっちゃけソレを楽しむ余裕が無い…。上りきったところで脚が完売御礼。残り半分はどーするんだ?という感じ。

奥琵琶湖パークウェイを進むとちょっと戻る感じになるので、先ほど通った道をもう一度トレース。先ほど奥琵琶湖パークウェイへ向かった大浦のT字路を右に曲がって海津大崎~マキノへ抜け、湖西へ。この辺も景色はキレイ。ただ、もう止まって写真を撮る余裕とかも無く淡々とペダルを回すだけの様な状態でした。湖西はひたすら湖岸を走るルートもあるみたいだけど、わかりにくいので途中からR161を走ることに。この道は終始交通量が多いので注意が必要です。

R161は途中から市街地を走るようになり、琵琶湖を走ってるという感覚が無くなります。走行してると「←琵琶湖大橋」の案内が。コレをショートカットすると車を停めている駐車場への近道になるんだけど…、誘惑に打ち勝ち直進。残り20km。

ゴールが近づくにつれ車の量も多く、ここまで来て事故るのもアレなのでスピードよりも安全を重視してゆっくりと走り…午後6時ちょい前にゴール!!
ゴール

213.67km、実走時間11時間…、思いのほか時間がかかってしまいました。


今回は割りと下調べ(お風呂屋さんの位置まで;笑)とか準備とか、補給食とか(まともに昼ごはんは食べられ無かったけど)もちゃんと用意していきました。
アスリートソルト
ミネラル補給のために一応↑のようなものも持参。おかげでハンガーノックにもならず足が痙攣する事も無く走りきることが出来ました。


結構景色とか単調だったので最初は直ぐ飽きそうになりましたが、奥琵琶湖でヘロヘロになってしまって後半バテバテだったので、鍛えなおしてぜひリベンジしてみたいと思います。反面、200km走れたという満足感もモチロンありますよ。なんだかんだ楽しい1日でした。

琵琶一コースその①
琵琶一コースその②
琵琶一コースその③
スポンサーサイト
雨の週末
週半ばからの週間予報でこの土日の降水確率はどうやら高いらしい、という事がわかってたため今週末の琵琶一挑戦はなし。日曜日も雨なのでツアー・オブ・ジャパンを見に行くという予定もとりあえず止め。

と言う事で、久しぶりに自転車のチェーン周りのメンテをば。

南河内やら琴平やら高野山やら…、あちこち走ったチェーン周りは…
チェーン・前
なんか…

スプロケ・前
とても…

チェーンステー・前
残念な感じ…orz


コレはいかんぞ、こんな事ではいざと言う時力を発揮してくれまい、と言う事で早速メンテ開始。

まずはチェーンを外します。うちのゼニス君、KMCのチェーンが初期装備されてるんですが、このチェーンミッシングリンク付きで着脱が非常に簡単なのです、


が…


いくら…


外そうとしても…


コレが…


外れない



格闘する事15分…、ようやくチェーン外し完了。いつもは灯油で洗うんですが、灯油を使う時期が終ってしまったのと後の処理が面倒なので、ホームセンター格安パーツクリーナーで一気に汚れを吹き飛ばします。汚れが取れてもとの銀色が見えてきたら紙ウエスで拭き拭き。

続いてはリアのスプロケ。これも本当はスプロケを外して一枚ずつキレイにしていくんでしょうけど、あいにくまだ工具を持ってないのでこれまたパーツクリーナーで汚れを飛ばします。

次はリアディレイラー周り、特にプーリーはドロドロに汚れてたのでアーレンキーを使って外し、パーツクリーナーを噴霧した紙ウエスで汚れを拭っていきます。

クランク周りもホントは外して分解するのが一番なんでしょうけど、手順がイマイチわかんないのでパーツクリーナーを噴霧した紙ウエスで拭う。

ついでにフレームを車用のケミカルで拭いてやり、組み上げ。


チェーン・後
スプロケ・後
チェーンステー・後

どうでしょ?まずまずですか??



これで来週は心置きなく琵琶湖へ行ける。

そろそろ
自転車的な今年の目標は

・琵琶湖1周

・淡路島1周

・しまなみ街道往復

上の3つのうちいずれか、できれば全てを制覇することです。



で、そろそろ琵琶湖1周にチャレンジしてみようか、と。時期的にはちょうど良い頃合かと思います。この時期逃すとすぐに梅雨に入りそうだし、梅雨が明けると夏だし…、となると秋まで時間が空いちゃうし。出来れば5月中の土曜日にでもやっつけてしまいたいと思ってます。






まぁ、朝の4時とかに起きて5時くらいに家を出て、6時半くらいには琵琶湖を走り出すことが出来れば、ですが…。







起きたら9時で断念とか、大いにありえるけどね。
ゆっくりと、ぽたぽた
最近ロードに乗る機会は多いものの、クロスの方はてんでご無沙汰。怪我が良くなって以降、南河内だ、四国帰って琴平だ、高野山だ、郊外への遠乗りばかりで街乗り用のCODAの方は出番無し。丸2ヶ月乗ってないのでタイヤの空気はすっかり抜けてしまってました…(汗)。


今日は昨日の疲れもあったので一日何もせずにぼけぇ~っとしてるつもりでしたが、来週の週末の天気も芳しくなく、ますます乗るのが先になりそうなので、少々遅がけにCODAに乗って外へ出る事に。



お題「何も考えず、ゆっくりと、ぽたぽた」



とりあえず、街の方へ。

いつもの大阪城へ向かう道を西へ進み、大阪城内へ。大阪城公園を1/4周しオフィス街を西へ西へ。御堂筋の1,2本向こうの筋を北上し梅田へ。駅前ビルのアウトドア用品店へ入り店内を少しブラブラ。外へ出ると急にコーヒーが飲みたくなり、梅田~西梅田~福島の辺りをぽたぽた。適当なコーヒー屋さんが見つからず、R2沿いにあったパン屋さんへ。

こーひーぶれいく


どこか遠くへ出かけた時も割とパン屋さんというのは目に付くもので、補給代わりやお土産代わりに行った先のパンを買ったりします。

というか、今日の裏テーマは「昨日の夜食べ過ぎたカロリーを消費する」だったのに、まぁた食べてやんの…。走行距離延長決定


そこから先はホントに行く先も考えず南へ行ったり西へ行ったりただただクランクを回すのみ。すっかり日も暮れてぼちぼち帰るか、という頃に「そう言えば、なんだかハンドル迄の距離遠く無い?」って事に気づく。最近ロードばっかりだったし、そっちに慣れちゃったかな?と思いつつ少し記憶を辿ると…、


サドルを替えた時に仮で取り付けたポジションのまま乗ってた…(汗)。

ロードのサドルをアリオネに替えて、ロードに元々付いてたのをCODAに換装した時に何も調整せずに付けた時のまま。そら、乗りにくいわ。途中で工具を取り出し、サドル位置の調整。1cmほど前に出し乗ってみるといい感じ♪危うくステム交換を考えるところだった…。



そんな感じで、ぼけぇ~っと走った距離は43km、メーター表示で平均速度が13km/hとテーマどおりにゆっくりと走った日でした。
Velo de Koyasan
Velo(自転車)…

de(で)





Koyasan…(高野山)※文法がどうとかはナシで…


昨日、天気が良かったので高野山まで行ってきました。というか結果的に行ってしまったわけで、最初は和歌山くらいまで出かけようというノリだったんですけどね…。

スタートは9時、日焼け止めを塗り、パールのアームカバーでUV対策をして出発。このアームカバーはとても優秀で、走ってると腕の辺りだけひんやり涼しく感じます。冷蔵庫で冷やさなくてもOK!は優れもの。富田林まではいつもの南河内CRで。

大和川
大和川・快晴です。

石川・こいのぼり
端午の節句は終りましたが石川にはまだ鯉のぼりが。

富田林からR170で河内長野、河内長野の駅を過ぎたところからR371へ。高野街道を紀見峠へ向けて進みます。このあたりからだんだん傾斜がきつくなってきますがまだ足を着かずに上れるレベル。紀見トンネルの手前を旧道に入り紀見峠へ。

紀見トンネル入り口
下を走ってるのがR371です。

紀見峠上り
旧道はこんな感じ。道は正直あまり良くない。アスファルトは結構剥がれて荒れてるし…。トンネル脇の入り口から峠の頂までは2km弱で平均斜度は6%程。

和歌山突入
登ったところが和歌山との県境。

紀見峠1
紀見峠2
標高は400M

峠下の橋
峠の少し先にこんな鉄橋か。

峠を越えた後はダウンヒル。橋本の駅の近くまで一気に降りてきます。

紀ノ川
今度は紀ノ川。源流は熊野かどこかでしょうか?熊野も一度行ってみたいです。もちろん…車ですよ。


R24を越えてR370に進路をとり、九度山町へ。ここは関ヶ原の後、真田幸村が流されたところですね。


高野山まであと…
高野まで22km…、どーする?引き返す?この先はずっと上りだぜ?ここまで60km走ってるし、引き返しても十分、もう一回峠越えないといけないし…。

まぁ、でもせっかくだから…、と後先考えずに高野山へ突入。途中平坦なところもあるものの基本上り基調。進めども進めども坂。10kmほど走って休憩。といっても道端に自転車停めて休むだけで隣はバンバン車が走ってましたが…。

休憩後、再び走り始めてお店を発見。水を購入。

高野山まで残り…
この時点で残り7.5km。これであと15kmとかなってたらきっと心が折れて引き返してたでしょうね…。ガシガシ踏む脚も残ってないく(よく考えたら帰りどうすんだ?って感じですが)クランクをただまわしてるだけで10km/h以下でトロトロとした登坂、サイコンは途中からスピードの表示をやめ(遅すぎて気が萎える)、距離表示にして「あと5km、あと4km」って感じでカウントダウンをしながらヨタヨタと上っていきます。計算上ではサイコンが80kmを指したらゴール。「79.5、…79.8、79.9、80.0!」、あれ?まだ着かない!?

ゴールはその数百メートル先でした。

高野山・大門
高野山の入り口、大門です。

大門と自転車
観光客もたくさん。割と自転車乗りの人も居てなんでそんな涼しい顔で談笑してんのよ?というくらい平気な感じの人が多かったですが。上りの途中、TIME乗りの人にサクっと追い抜かれ、見る見る間に引き離されましたが(汗)、そういえば皆さんからだが細く(自分はやや肉付きが良い)、ふくらはぎの筋肉がキレイな形をしていました(自分は…見るに耐えない;泪)。うーん、あと何キロ落とせばいいんだろ?


ゆっくり観光する時間も無いので、証拠写真だけ撮って下山。
標識
金剛峰寺
これが金剛峰寺の入り口です。

伽藍

帰りは標高850Mからのダウンヒル。2時間近くかかった上りも下りる時は30~40分です。
眺望、高野山より
途中の景色。


下りきった辺りでやたら反射タスキ(夜散歩してる人がつけてるやつ)を着けたロードがたくさん走ってるなと思って、コンビニで休憩してた人に聞いてみると、ブルベをやってる最中との事でコースは200km、残り60kmでゴールとの事。お疲れ様です、頑張ってください。

最後の山越えに向かう途中、なんかトラブルで止まってるロード乗りの人を発見。行きの紀見峠で追い抜かれ、高野山でもすれ違い、さっきもなんか追い抜かれた人でした。パンクをした様子でチューブがだめになってるとの事なので自分のを1000円で譲りました。良い事をしたなぁ、と思って坂を上り始めて気づいた…



自分がパンクしたらアウトじゃね?




そこから何とか紀見峠を上り、R371~R170~石川CR、と売り切れた脚を鞭打ち、慌ててショップに駆け込んで予備チューブを2本買って帰宅。


ようよう考えてみると別に帰りに買わんでも…。今日車ででも買いに行けば…。

東大阪~高野山(往路)


今日は体中が痛いです。
up忘れですが…
PCに保存しているデジカメの写真を見ていたら、怪我する前に京都へ言った時の写真が出てきました。そういやずいぶん別館の方も放置していましたので、ヒサビサに使いたいと思います。


ちょうど行ったのはこの日記の内容の日、3月21日。そうそう、朝から昼にかけて奈良の今井町へ行って、急いで帰ってきて京都へ行った日。今更ながら続きを…。



ちょうどこの時期、京都の東山で花灯路という東山の街をライトアップするイベントをしてて、それを友達と見に行きました。確か、暖かかったり、寒かったりで桜が早くなるんだか遅くなるんだか微妙な時期だった様な。

桜・円山公園

会場の円山公園ではちらほらと桜の花が咲き始めてました。

燈籠

燈籠のコンテストなんかもやっており、コレが最優秀賞を受賞したもの(だったかな?記憶が定かじゃございません;汗)



いけばな1

円山公園のいたるところに生け花が展示されておりました。まぁ、さっぱりわからんので「おぉ、キレイやなぁ」とか、そういう感想しか出てこなかったんですが…。

いけばな2


テーマだとか、技法だとかもきっとあるんでしょうけど…、

いけばな3


いかんせん、芸術的な才能が多少欠けておりますので…

いけばな4

たいしたコメントも出来ないのでございます。が…、

いけばな6

キレイじゃないですか?

高台寺庭園2


高台寺の庭園も見物。豊臣秀吉の奥様、おね様のお寺ですね。

高台寺庭園1

芸術的センスに欠ける人間が物申すのもアレですが…

高台寺庭園3

派手な色のライトは要らないと思います…。



八坂の塔1


駐車場の橋から見えるのは八坂の塔。

八坂の塔3


ココも入れるようになってました。

八坂の塔2


このアングルが定番ですが好きですね。



さんざん歩き回った後、友達の弟が働いているお好み焼きやさんで晩ご飯。ココはお好み焼きはもちろん、鉄板焼きとかも美味しいのでたまに通ってるお店ですが、一人だと種類が食べられないのです。友達と来た時は数種類の鉄板焼きが楽しめるのである程度の人数で行くのが良いですね。



結局、地下鉄は終電でしたが京都の街を堪能できました。


その他の写真は…↓
SiestaGraph別館【CAMELABO-カメラボ】
たまには歩くのも
連休最終日、友達と京都へ観光に行く予定も雨の予報のせいでダメに。朝起きて外を見るとドンヨリとした空からは雨の気配は感じるものの、雨は降らず…。昨日のうちに中止の判断をした事をちょっと後悔しながら今日の行動についてしばし思案。外出するかどうか迷ったものの、雨は降りそうだけどたまには歩きで街中を回ろうと傘を片手に外出。


とりたてて行く当ても無いけれど、とりあえず地下鉄の切符を買って堺筋本町へ、そしてとりあえずスポーツ自転車店へ(笑)。カメラを始めた時は「とりあえずビックカメラ」へ行ってたし、割と行動パターンはわかりやすいです。

店内はお客さんで賑わっており…といっても人がごった返していると言うわけではなく、いつもに比べると、という程度だけど…ココ最近のスポーツバイクブームと言うのは確かに存在してる事を実感。中には小さな子供づれで来てる家族も居ましたが、親が自転車見るのに夢中で子供野放しにしてるとマズいですよ。ココの自転車は「されど自転車」ばかり、不注意で傷ついて買い取りになったら、数ヶ月~1年くらい分のお小遣いが飛んでいってしまいそうな値段の自転車ばかりなんだから(笑)。

ココの特価品は割りと必要の無いものばかりで(笑)、例えばMAXXISの上り専用の冗談みたいに軽いタイヤとか、その他MAXXISのロードタイヤ…替えたばかりで必要なし、ボントレガーのなんだか評判の良い白いサドル…セカンドバイクのクロスに8000円オーバーのサドルはちょっと躊躇する…等々。

ココでは小物を一つ購入。


そこから心斎橋筋商店街をぶらぶら。途中のBOOKOFFでしばし時間をつぶし(コレも定番)、そこから北へ梅田へ向かって再びぶらぶら。四ツ橋筋を堂島を通ってるとパン屋さん発見…、したもののなんだかちょっと高級そうな店構え…。

パン屋


隣は…、

堂島ホテル

堂島ホテルでした。

とりあえずお腹が空いてたので中へ入り2つパンを購入。

シナモンフレンチトースト

シナモンフレンチトースト…レーズンとシナモンの定番の組み合わせは間違いが無いんだけど、フランスパンがベースなのでひたすら固かった…。

ミルクバターロール

ミルクバターロール…これでもかっ!ってくらいバターの味(笑)。それも1種類じゃない感じで生地のバターと中に入ってるバターの味が違ってました。コレは美味しかったですねぇ。


ま、店構えにたがわずお値段も結構なものでしたが…。



そこから地下街をテクテク歩き、梅田界隈をぶらぶら。とある自転車屋さんでシートポストの投売りをしてたんだけれど、クロスの方のシートポストの径を知らなかったので買えませんでした…。


他に、アウトドア用品のブランドのショップを何軒か回ったものの、今年はかなり派手目な色がはやりなのか?とても自然界に溶け込めそうも無い配色でした。モンベルショップでは自転車に使えるレインウエアを下見。これから梅雨~夏にかけて突如雨に降られる事も十分考えられるので近々1つ手に入れておかないとダメかな、と。とりあえず、今週末は雨の心配が無いのまだ必要ではないですが。

梅田夜景
梅田夕景2
梅田夕景3

梅田駅前ビル辺りの夕景です。

そんなこんなで良い時間になったので、晩御飯。梅田の駅地下のラーメン屋さん。名前は忘れたけど割と人で賑わってたので入ってみました。

味噌ラーメン
味噌ラーメン2
焼豚ドン

ラーメンと言えば他の人はともかく、自分は味噌ですね。味は…、まぁ普通。ん~…、いまいちコクというか旨味に欠ける様な…。麺との絡みもちょっと、という感じだったし。あ、チャーシュー丼は美味しかったです。


夕飯後、帰宅。





で、何を買ったかと言うと…、

イーストンバーテープ外箱

バーテープです。イーストンの。

バーテープ1

お色は例によって白なんですが、前からイーストンが欲しかったのです。なぜなら…、

バーテープ2

↑コレ!!

エンドキャップイーストン

バーエンドキャップのデザインがカッコいいからっ!よくお邪魔してるブロガーさんが紹介してらっしゃるのを見て自分も欲しくなったです(笑)。

ちなみに今は…
エンドキャップシマノPRO

シマノPROのを着けてます。テープはバイクリボンのなんですけどね。このバイクリボンのバーテープ、他のより汚れるのが早い気がします。まぁ、あと一ヶ月くらい使ったら巻きなおしますけど、その時…、在庫してあるOGKのヤツを巻いてエンドキャップはイーストン(笑)。そろそろ失敗せずに巻きたいです。
知らない道を逝ってみよう
先日、タイヤバーストにより断念した六甲山ヒルクラ、リベンジのための足慣らしとして実家近くの山にアタックしてみた。

ちょうど山を越えたあたりに豊稔ダムという石積みのダムがあり、それの見物がてらヒルクラしようという一石二鳥のアイディア。家を出て山の入口のところにあるコンビニで水を2本購入し、ヒルクラ開始。

家から頂上までは10kmの山道は平均斜度4%くらいんだけど、後半3.5km、斜度8%弱というなかなかシンドそうな傾斜が控えております。横をスイスイと車が追い抜いて行くのを見ながら「てめーらも楽してないで自転車で登りやがれ!」と心ん中で恨み節をつぶやきながら上を目指します。前半の1km、斜度8%はなんとかかんとかクリアしたものの、2km弱の平坦の後の2つ目で我慢できずに足付き…orz

足つき付近

ここでちょうど半分弱くらいです。この後はずっと坂が続くんですよね。暫く休んでスターとするも程なく再度の足付き…。心肺機能も脚も気合いも足りてませんでした。あと、根本的にオーバーウェイトだしさ。何とか上りきって最高到達点はこんな景色です。

最高到達点1
最高到達点2
最高到達点3

なかなかの眺望ですな。ちなみにこの辺りで標高450Mくらい。

ココからは一気にダウンヒル。時速50kmくらいまでスピードが出ておっかなびっくり下っていきます。1時間以上かかって登った坂も下りる時はあっと言う間…。途中に大きな池が見えてきたそれが豊稔ダム。

豊稔ダム
堰堤


石積みの堰堤が良い感じです。堰堤の下、すぐ近くまで行くことが出来るんです。実はこの日、コンパクトデジカメは持参したものの充電しようとして外した電池を入れ忘れるというまるで漫画のような失態を…(涙)。



目的は一応果たし、山を下って海沿いに帰ろうかと進んでいると目に入って来た案内板…国道377号琴平。

ココを右に曲がると金比羅かぁ…。逝っときますか?

かくして国道377号を東へ一路、琴平方面へ。後から地図で見るとほぼ真っすぐに琴平へと続くこの道、意外とアップダウンがあり、先の山越えで坂はお腹いっぱいでno more坂道なところにこれでもか!と追い撃ちをかけてきます。そしてまたまた足付き…。


暫くすると急に道が混みだし、金比羅宮の参道に続く道は大渋滞。

こんぴらさん


一枚証拠写真を撮って金比羅さんを後にします。


さらにまんのう公園をさ迷った後、ようやくお昼。

ハーブチキンカレー


ハーブチキンカレーです。

14時になったので家を目指します。…とりあえず現在位置が定かじゃなかったので琴平と書いた方向を目指して。

電車


長閑でしょ?最初は景色を楽しめるような道だったんです。


実は、後から地図を見ると、かなり大回りしてました。んで再び坂道が出現して…。もう半泣きっすよ。知らないと言う事は幸せだったと言う事です。登ったところにあった道の駅で休憩。

つつじアイス


ツツジ味のアイスクリーム…どの辺が?という味でしたが(苦笑)。

琴平にたどり着き、377号を西へ。行きで足付きした坂も反対側からだと50km/hのダウンヒル。爽快です。

帰りもやはり微妙なアップダウンに「ま~た~坂かよ~」と独り文句いいながら回していきます。まぁ、コース的には良い練習になるのかもね。交通量もそんなに多くないし、田舎道サイコーと言ったところ。

最後に来た時の山越え…は回避し(汗)、海沿いのなだらかな道をチョイス。えぇ、ヘタレ貧脚ですから。夏は往復制覇してやります。いや、目指して頑張ります。…目指したいと思います(汗)。



結果的にヒサビサのオーバー100km。山込みだったからいつもより随分疲れましたわ。90km過ぎで完全に脚が売り切れたので山越え選択してると恐らく帰り着けなかったかもー。

半袖では、ちょっと寒い
昼間は十分すぎるほど暖かかったけど、夜はさすがに少し冷えますね…。半袖で走りに行ったけど少し寒かった。


昨日タイヤを替えたので、仕事終わりに30kmほど走ってきました。もぉ、何がスゴイって…、

















全然体が動かないんでやんの…(涙)。


1ヶ月何もしなかったのは伊達じゃありません。タイヤが前とどう違うとか以前に自分自身が違いすぎて(苦笑)。


転がりの感じなんかはあまり変わんない(?)かな。ロードノイズは少し多いかも。あと、砂利とか良く拾う。




続きはGW中に実家の近くを走ったときにでも。走る時間があるかどうかは微妙だけど。

二度凹む…Orz
昨日のパンクも凹んだけど、今日書きかけの日記を間違って消したもの凹んだ…Orz




さて、大層な音を立ててパンクしてしまいタイヤが使い物にならなくなったためおにゅーのタイヤを早速買ってきました。


MICHILIN


今回はMICHELINのP…








LITHION

あ、LITHIONでした…。

プロでもないし、レースもでないのでコレでOKでしょ!?今回、前と同じブリにするかVittoriaにするかしばし悩んだけれど、初のカラータイヤとなるコイツにしてみました。



家に帰って早速履かせてみました。まずは前輪から…

前輪

ビードがブリより硬くてハメるのがえらく辛く、最後はちょこっとだけテコの原理を使わせてもらいました。後輪は…、コレがまた最後はすんなり嵌ってくれたので助かりましたけどね。

前景

あれだねぇ、照明の加減で暗くて…

フロント周り

なんだかよくわかんないっすね。


最近は横着してコンパクトカメラで写真を撮ってます。前はデジ一で取ってたので無駄にクリアな写真がupされてましたが…。


明日早く帰ってこれたら走りに行ってみよ。


そうそう…、

ブリ

後輪に履いていたブリは予備役へ。




GWなんですが、自転車を車に積んで実家に帰るか思案中。そのくせ、走るコースだけは調べていると言う…(笑)。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。